気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

ティコとケプラー

2002/10/25
占星術と天文学を切り離した切っ掛けを作ったのは、地動説を発表したヨハネス・ケプラー(1571-1630)ということは以前にも書きました。
ケプラーは低い身分の出身で、いつも自分を蔑んでいました。
手紙には、自分の事を「犬のような」或いはそれ以下の表現を使っています。
こんなケプラーでも野望がありました。
ケプラーは自分の研究を進めるために、フーペン島(デンマーク)に大天文台を持つ、ティコ・プラーエ(1546-1601)の持つ膨大な観測記録を狙っていました。
ティコは、デンマーク王の寵愛を受けた占星術師・天文学者で、王から研究費として多額な資金をもらっていました。
ティコには良く思っていない男が居ました。
前の宮廷お抱え数学者で、ニコライ・レイマーズ・ウルサスです。
それは、1584年ウルサスがは新しい太陽系モデルを発表したことに始まります。
この太陽系モデルがティコが研究していたモデルに似ていたのです。
経済的に恵まれ、歴史に名前を残す事だけに執念を燃やしていて、ティコは、その4年前にウルサスがフーペン島のティコを訪れていたこともあって、自分のアイデアを盗んだと、ウルサスを怨み始めました。

2002/10/26
ヨハネス・ケプラーは、1596年「宇宙の神秘」を発表し、その本が著名な学者の目に留まるように画策しました。
本は、ガリレオ・ガレレイに渡り、ティコと諍っていたウルサスに渡りました。
ウルサスは、ティコの評判を落とす為に若く才知あふれるケプラーを利用しようと考えました。
ティコを攻撃する為にウルサスが発表した「天文学の学説について」の中に、ケプラーはウルサスの説に追従する文書を寄せました。
このケプラーの行為は、ウルサスに賛意したというより、犬のようだと自分を卑下していた身分の低い男が著名な学者に認められたというだけの悪気の無いものでした。

一方、デンマーク王の庇護を受け、フベーン島に大天文台を築いていたティコは、宮廷内の政治的理由から新国王との仲が悪くなり、プラハ近くに移り住み、占星術に凝った神聖ローマ帝国国王の庇護を受けるようになっていました。
1600年2月ケプラーはティコを訪ねました。
ティコは、ウルサスを攻撃するためにケプラーを雇いました。
しかし、正式な契約では無く、報酬も僅か、その上、彼の才能を妬んだティコの助手たちに苛められ、ティコも観測データーを教えてくれませでした。
それでも、貧しいケプラーは食べる為に我慢するしかありませんでした。

1601年8月ケプラーは、ティコによって皇帝ルドルフ二世に引き合わされました。
ここで初めて、ケプラーはティコの正式な助手となりました。

1601年8月24日、ティコは他界し、ケプラーは、ティコの後継者に任命され、宮廷において占星術を行う高い身分を得ました。
そして、同時にティコの残した膨大な観測データを元に惑星の動きを理論化しました(ケプラーの法則 )

「占星術は愚かな娘、天文学は賢い母。しかし娘がパンを稼がなければ母は飢え死にしていたろう
・・・・ ヨハネス・ケプラー 」


スポンサーリンク



プライバシーポリシー