気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

ボイド時間帯・ガリレイとケプラー

2002/09/17
西洋占星術において、月は特別の意味を持っています。
太陽が男・夫・一家の家計を支える者、月が女・妻というのは、前にも触れたと思うのですが、月が地球を原点として、他のどの惑星とも一定の角度をなさない時間帯を“
ボイド時間帯”と言い、うっかりミスによって大事件・大事故が起きる可能性が高いと忌み嫌います。
一定の角度とは、60度、90度、120度、180度を言います。
それぞれの角度にはプラスマイナス数度から8度程度までの許容範囲があり、普通は、太陽・水星、・・・冥王星のどれか、或いは複数の惑星とこの角度を持ちます。
大事件・大事故では無いですが、この時間帯に離婚届を出すと、書類の不備を指摘されるという統計結果もあるようです。
ですが、時々起きる現象に意味を持たせるのが占い師です。
冥王星などは、公転周期が長く人間の一生の間に同じ位置に戻ることは無いので、位置そのものに深い意味を持たせてはいません。

2002/09/20
毎日、ここに何を書こうかと悩んでいます。
で、堅い話になってしまいますが、科学と占星術が別れた時代の話なので・・・・・
地動説を唱えた
ガリレイ【Galileo Galilei 1564-1642】が宗教裁判にふされても、「それでも地球は回っている」と言ったという逸話は有名ですが、同時代を生きた、近代天文学の始祖であるケプラー【Johannes Kepler 1571-1630】が宗教裁判にふされなかったのは不思議だと思いませんか。
ケプラーは天文学者の他に占星術師という顔を持っていましたが、太陽が地球の周りを回っていると信じていた訳ではありません。
そればかりか、当時の教皇でさえ天動説を信じていた訳ではないのです。
にもかかわらずガリレイだけが罰せられたか。
それは、ガリレイに大衆性があったからです。
ケプラーは当時の教養人や学者が使うラテン語で論文を書き、学者仲間だけで論議していました。
しかし、ガリレイは大衆の言葉を使い、大衆に呼びかけたのです。
地球中心の宇宙観を大衆に説いてきた教会はおもしろいはずがありません。
そのために宗教裁判の判決文を偽造され、罠にはまるという形で処罰されたのです。
なお、ケプラーが占星術と天文学を切り離したと言われています。


スポンサーリンク



プライバシーポリシー