気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

占い師が水晶球を持っている理由の或る説

2002/09/09
『見えないものを科学する(サンマーク出版)佐々木茂美 著』
を取り上げるのは止めようかと思ったのですが、p189に「宇宙エネルギーで心に思うことを実現するには、無意識と意識の間で継続的に念じること」とありました。
“病も気から”です。
私は気功を信じないので私からみれば気功を過大評価しているこの本から離れたいですが、気功に興味がある方は読んでも良いかも、です。

2002/09/10
月は三日月で、東京で午後8時過ぎには南西に沈んでしまいます。
5大惑星(水星・金星・火星・木星・土星)も地平線の下です。
良く晴れていても、街の明かりの無い所では、恒星が輝いているだけの闇夜です。
月はこれから肥り、徐々に世界を明るくし、月に敏感な人たちの気持ちを高揚させ、満月の夜、ごく一部の人を狼男に変身させます。


月の星座
天秤座に月があり、腰、腎臓、膀胱の治療が好機ですが、直ぐにさそり座に入ります。
さそり座は、生殖器、尿路の治療に好機とか

2002/09/11
○怪しげな占い師が水晶球を持っている理由の或る説
ピラミッド・パワーをご存知ですか。
エジプトの王家の墓であるピラミッドには、物を腐敗させない力があるとか、いう力です。
流行った頃があって、金属パイプで作られたピラミッドが怪しげな店(?笑)で売られていたことがあったようですが・・・・
そのピラミッドの斜面の角度が51度41分で、水晶球の水晶結晶の角度が51度42分だそうです。
この角度が宇宙エネルギーを集めるらしく、それを経験的に知っていて、占い師が水晶球を持っているというのです。


スポンサーリンク



プライバシーポリシー