気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム占い系メルマガに書いた記事

磁力が生体に影響を与えると言う説

2002/09/03
月の魔力(Arnold L,Lieber著 東京書籍)』のP118にから始まる章には、太陽・月・惑星・地球の位置変化が地球の磁場を変化させ、その結果として生体を変化させるという説が、いわゆる博士と謂われる人たちの研究を根拠に述べられています。
生体の主要成分である水の分子を変かさせ、水を美味しくする磁石がテレビ番組で取り上げられたり、磁石を貼る医療用具もありますから、生物は磁石に反応するのは確かでしょう。
しかし、現代社会では自然界の磁場より、テレビなどが作る人工磁力に晒されている機会が多いので・・・
コンパス(方位磁針)を持って、その針が南北を示さない所は人工的な磁力が明らかに働いています。

2002/09/04
前回は、磁力が生体に影響を与えるという話でしたが、『
見えないものを科学する(サンマーク出版)佐々木茂美 著』P72に拠れば、磁場がゼロの場所が人間の健康に良いらしいです。
この磁場ゼロは磁力が働いていないということではなく、N極とS極の力が釣り合って実質的に磁力が働いていないということです。
世界には磁場ゼロかそれに類する所が幾つもあって、古くからの神社仏閣はこのような場所にあるので敬虔(けいけん)な気持ちになる、と佐々木氏は推論しています(同書P140)佐々木氏は、東海大学教授・電気通信大学名誉教授という職に就いておられる科学者です。
経歴が理論の正しさを担保するという考えは極めて危険ですが、氏の考えに乗ってみようか、など思うこの頃です。
しかし、神社仏閣で敬虔な気持ちになるのは磁場に関係があるというのは現時点では賛成できません。
神社仏閣の場合は、神域として過度に人間の手が加わって居ないとか、建物の造りにも関係があると思います。

月の星座
月は獅子座に入りました。
循環器系の治療の好機とか(?)


スポンサーリンク



プライバシーポリシー