病状を改善する栄養素美味しい調理のコツゴルフのルール種子からの盆栽入門
身近な薬用植物気になる病気の自己診断自然誌自由研究

ホーム未病を治す

頻尿を抑える


特別、水分を多く摂取したり、排尿回数が多くなる物を食べていないのに、排尿回数が日に10回以上になると、頻尿と言われます。

頻尿になる食品は、キュウリ、冬瓜、チンゲンサイ、独活、ニンニク、サヤエンドウ、パセリ、カボチャ、セロリ、スイカ、イチゴ、スモモ、小豆、ソラマメなどです。
一方、頻尿を抑える物はもち米で作られたものです。

  • ギンナン
    イチョウの果実です。
    膀胱括約筋を強くする作用があり、頻尿や子供の夜尿症に効果があります。
    日に7個ぐらい焼いたものを食べます。
    ただし、ギンナンは青酸化合物を含んでいるので多量に食べると中毒のおそれがあります。大人は1日あたり10個、子供は日に5個までにします。
  • 山芋
    すりおろして常食します。
    頻尿、夜間に起こる頻尿、特に糖尿病が原因の頻尿に効きます。 
  • ニンジンの皮
    ニンジンの1本分の皮をフライパンなどで狐色になるまで焼いて食べます。
    冷え性が原因の頻尿に効きます。 
  • 柿のへた(蔕)
    柿のへたを乾燥させたものを生薬名「柿蔕(してい)」と呼び、柿蔕15グラムを水600ccで半量になるまで煎じ、これを1日量として空腹時に服用します。 
  • 芍薬の根
    芍薬の根を乾燥させたものを生薬名「芍薬(しゃくやく)」と呼び、芍薬10グラムを水600ccで半量になるまで煎じて1日量とし、毎食前に服用します。
    緊張からくる頻尿に効果があります。 
  • リンドウの根
    リンドウの根を乾かしたものを「龍胆(りゅうたん)」と呼び、龍胆6グラムを600ccの水で煎じ、 これを1日量として朝と夜の食前に服用します

スポンサーリンク



プライバシーポリシー