病状を改善する栄養素美味しい調理のコツゴルフのルール種子からの盆栽入門
身近な薬用植物気になる病気の自己診断自然誌自由研究

ホーム気功>

体力が無くても出来る気功


虚弱な方や病にかかっている方、高齢者のように長時間立っているのも辛い方には、横になってする気功が向いています(臥式)
もちろん、体力がある方がやってもかまいません。
布団に寝たまま出来るので、就寝前や目覚めたときにするのが適しています。

先ず、寝てする気功の一般的な姿勢です。
下図のように、仰向けに普通に寝ます。
手足は自然に伸ばし、手のひらは下に向けます。
口と目は閉じます。

心臓病の方や体力が非常に消耗している方向きの気功の姿勢です。
下図のように布団や背もたれに寄りかかって上半身を起こします。

心臓病、肝臓病の方向きの気功の姿勢です
下図のように横向きに寝ます。
心臓病の方は右半身を下、肝臓病の方は左を下にします。
頭には枕をし、膝と腰を曲げ、頭も少し前方に曲げて身体を弓形にします。
口と目は軽く閉じ、上側の手は大腿の上に置き、下側の手は開いて親指の腹をこめかみにある太陽ツボに当てます。
身体が弓形になっているので腹式呼吸が楽に出来るようになります。

上記のような姿勢で、気功の呼吸(調息)をします。

  • 吸い込む時間を長くし、吐く時間が短い呼吸をする
    新陳代謝を促進する。心拍数が速くなる
  • 吸い込む時間を短くし、吐く時間が長い呼吸をする
    新陳代謝が低下し、心拍が遅くなる
  • 逆腹式呼吸をする
    内臓の気血の流れが良くなる

スポンサーリンク



プライバシーポリシー