病状を改善する栄養素美味しい調理のコツゴルフのルール種子からの盆栽入門
身近な薬用植物気になる病気の自己診断自然誌自由研究

ホーム気功

直ぐできる気功―調息


気功の中では最も受け入れやすく、直ぐに出来る呼吸を調整して内臓を健康に保つ「調息」の方法です。
動作を伴う気功(動功)が気功のように思われる方が多いと思いますが、健康維持や病気治療を目的とする気功では呼吸法が最も重要です。

調息は、無意識に行っている呼吸と意識的に行う呼吸を組み合わせて行います。
調息をするときの姿勢は、座る、椅子に腰掛ける、立つ、仰向けに寝るなど自由でかまいませんが、リラックスできるようにします。
姿勢は気功では調身と呼びます。
精神状態はリラックスし、何かに集中したり、数を数えたりし、外界からの刺激で心を乱さないようにします。これを気功では調心と呼びます。

新陳代謝を促進させる呼吸法

  • 吸い込む時間を長くし、吐く時間が短い呼吸をすると自律神経の吸気中枢が興奮し、その結果、自律交感神経全体が興奮、交感神経に支配されている内蔵が興奮します。
    心拍数が早くなり、新陳代謝が促進されます 
  • 吸い込む時間を短くし、吐く時間が長い呼吸をすると、自律神経の呼気中枢が興奮し、副交感神経全体が興奮、心拍数は遅くなり、新陳代謝を低下させます。

消化不良、慢性胃炎、便秘、抗ストレス、老化防止に効果のある呼吸法

  • 逆腹式呼吸を行う
    腹式呼吸は息を吸ったときに腹壁が盛り上がり横隔膜は下がり、息を吐いたときには腹壁横隔膜とも元の位置に戻ります。
    腹式呼吸では息を吸ったときの腹腔の全体の容量は変わりません。
     
    しかし、息を吸ったときに腹壁が引っ込むように意識してする逆腹式呼吸では、息を吸ったときに横隔膜は下がるのは腹式呼吸と同じなので、腹壁が引っ込んだだけ息を吸ったときの腹腔の容量は減ります。
    これが刺激となって腹腔にある臓器の気血の流れを良くし、消化不良、便秘、慢性胃炎などに効果があります。
    また、腹腔内の内分泌腺機能を整え、抗ストレスと老化防止に役立ちます

気功における調息の理想(深・長・細・堰E緩・軽)


  • 1回の呼吸量が大きいほど良い(肺活量が多くなるようにする)

  • 1回の呼吸は時間が長い方がよい(鍛錬を続けると、1回の呼吸は6〜12秒間、最長1分間ぐらいになる)

  • 呼気の流量が少ない方がよい。1回の呼吸時間を長くする方法。鼻から吸って口から吐くとよい

  • 吸気と呼気の流量が均一がよい

  • 呼吸をゆっくりとするよい。腹式呼吸で行う

  • 呼吸音が他人に聞こえないようにする(発音呼吸法を除く)

鼻と口の使い方
内気を鍛える気功は鼻から吸い口から吐く
武術系の気功は口から吸って口から吐く
鼻から吸って鼻から吐く呼吸法は害があるといわれています


スポンサーリンク



プライバシーポリシー