気になる病気の自己診断病状を改善する栄養素ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム身近な薬用植物

身近な薬用植物(慢性胃炎)

タンポポ
乾燥したタンポポの根を濃いきつね色になるまで乾煎り、茶さじ3倍ぐらいを400ccの水で半量になるまで煎じ、蜂蜜で甘味を加えて、毎食前にカップ半分ぐらい常飲する。
タンポポの種類は何でも可。
根を採取するのが面倒な方は漢方薬局で購入できます。

ゲンノショウコウ
ゲンノショウコウ20グラム、ハブ茶20グラムを混ぜ、700ccの水で3分の1量になるまで煎じ、3回に分けて、食間に温めて飲む。
10日間ぐらい続けて食欲が出て来たら1,2ヶ月続けて飲んでみる。

ゼンブリ
センブリを良く噛んで唾ごと飲み込む。


漢方薬
体力が無い、みぞおち周辺が重苦しい、吐き気、食欲不振、時に酷い下痢
半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)

いつも胃弱で顔色が悪い、生唾がたまる、嘔吐、下痢、めまい →人参湯(にんじんとう)

神経質な方
柴胡桂枝湯(さいこけいしとう)+半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)

胃の停滞感、圧迫感、吐き気、胃に水が溜まっている感じ、疲れやすい
六君子湯(りっくんしんとう)


スポンサーリンク

プライバシーポリシー