気になる病気の自己診断病状を改善する栄養素ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

ホーム身近な薬用植物
身近な薬用植物(便秘2)

つるむらさきの生葉
おひたし、てんぷら、サラダなどで毎日食べる

クコの茶を常飲する
クコのお茶の作り方
水洗いしたクコの葉と茎を2,3日陰干しにし、1〜2cmほどに刻んでから厚手の鍋でカラカラになるまで煎る。

プルーン(西洋スモモ)のジュース

アロエのジュース
葉を長さ5cm(一回分)に切り、トゲをとって、おろし金で摩り下ろして布などで濾す。
女性は飲用前に必ず薬剤師に相談すること

椎茸の水出し
コップ一杯の水に干し椎茸2枚を浸して冷蔵庫に一晩置いて、その液を毎朝起き抜けに飲む。

玉葱のスープ
大玉の玉葱1個をスライスしたものを、360ccの水で半量になるまで煎じる。
その煎じ液を3回に分けて毎食30分前に飲む。


漢方薬
がっちりした体格または肥満体で、上腹部が固く、便秘が酷い人
→ 
大柴胡湯(だいさいことう)

がっちりとして肥満気味で、下腹部に脂肪がたまって、肩凝り、胸焼けが酷い便秘の人
→ 
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

虚弱体質で下剤を飲むとかえって便秘になる人
→ 
桂枝湯(けいしとう)+芍薬(しゃくやく)+大黄(だいおう)

老人または体力の無い人で、尿量が多く、皮膚が乾燥しやすい人
→ 
麻子仁丸(ましにんがん)

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします


スポンサーリンク


プライバシーポリシー