気になる病気の自己診断病状を改善する栄養素ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム身近な薬用植物

身近な食品で肺がんを予防

緑黄色野菜はガンの予防に効果があると言われていますが、特に肺癌に有効なものを集めてみました。

人参(にんじん)

  • 主な有効成分はβカロテン(ベーター・カロテン)
    肺ガンになるリスクは、人参を含めてβカロテンを多く含む食品を多く摂っている人はそうでない人の2分の1 ←ニューヨーク州立大学
  • 肺癌予防が期待できる量は、1日あたり2分の1本から3分の1本
    生より、油を使って加熱調理したものがよいが、形が崩れるほど煮込んでしまうと有効成分が減ってしまうので、カレーやシチューに入れるときは人参を多めに使うようにします。
    日常的に食べられている野菜なので食べ過ぎても副作用などはありません。

ケール

  • 主な有効成分はβカロテン葉緑素
    βカロテンの含有量はほうれん草の2倍
  • 肺癌予防が期待できる量は、1日あたり容積で100ccほど
    葉緑素は電子レンジによる加熱ではあまり減らないので、ベーターカロテンが多く摂取できる加熱調理が向いています。
    但し、一般の野菜と異なってケールの入手は難しいので、ケールの青汁などで摂る場合は生でかまいません。
    また、家庭菜園でケールを作ると、病は気からと言いますから「気」の部分でもよいかも。

ほうれん草

  • 主な有効成分はβカロテン葉緑素
    ホウレンソウの場合は特に葉緑素が癌を起こす遺伝子(DNA)の突然変異を予防すると考えられています。
  • 肺癌予防が期待できる量は、1日あたり容積で100ccほどです

ブロッコリー

  • 主な有効成分は、アブラナ科特有の抗癌物質(インドール類、グルコシノレイト、ジチオールチオニン)とベータカロテン葉緑素遺伝子の突然変異を予防する←アメリカでのモルモットに対する放射能照射実験
  • 肺癌予防が期待できる量は、1日あたり容積で100ccほどです

カボチャ

  • 主な有効成分は、腸管内でウイルスの増殖や発癌物質の生成を阻害する働きのある物質(プロチアーゼ阻害物質など)、カボチャの種子や果肉などには回虫などを駆除する成分が含まれていることに関係があるらしいです。また、カロテンなど
    カロチノイド色素が遺伝子がガン化を誘発する活性酸素の無毒化します(果肉の色が濃い黄色のものが良い)
  • 肺癌予防が期待できる量は、1日あたり容積で100ccほどです

サツマイモ

  • 主な有効成分は、黄色の色素(カロチノイド色素)、抗酸化作用のあるポリフェノールですが、さつまいもの皮を含めて全てを食べると、カロチノイドやポリフェーノルだけより癌化が抑制されるので、他にも有効成分があって相乗的に働くらしいです。色の濃いサツマイモが効果があります。
  • 肺癌予防が期待できる量は1日あたり容積で100ccほどです

干しアンズ

  • 生より水分が少ない分重量比でベーター・カロテンを多量に含んでいます

スポンサーリンク

プライバシーポリシー