気になる病気の自己診断病状を改善する栄養素ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

ホーム身近な薬用植物
癌予防に良い食物(一般編)

がん予防に良いと言われる食物を集めてみました。
  • 人参(ニンジン)
    発ガンの原因になる活性酸素を分解するビタミンAに変わるβ―カロチンを多量に含んでいます。
    にんじんの品種によってβ―カロチンの含有量は異なりますが、含有量に拘るより、頻繁に食べる方が重要です。
    β―カロチンは油脂に溶けるので調理に油を使う食べ方が最適です。
    生のままジュースにして飲む場合も油脂類と一緒に摂った方が良いです。 
     
  • トマト
    活性酸素を分解して発ガンを抑制するリコピンを多量に含んでいます。
    リコピンの活性酸素分解力はビタミンAの2倍、ビタミンEの100倍と言われています。
    リコピンはニンジンのβ―カロチンと同じ赤い色素ですが、リコピンは他の物質に変わらずに効果を発揮します。
    リコピンを摂取するにはトマト・ジュースが向いています。
    加工用トマトの方がリコピンが多いようです。
    リコピンも水より油脂に溶けるので油脂類と一緒に摂った方が体内への吸収が良くなります。
     
  • ブロッコリー
    発ガン物質を解毒する機能を高めるスルフォラファン(イオウ酸化物)が含まれている他、β―カロチン、ビタミンE,ビタミンB群、ビタミンC、活性酸素を分解する酵素の生成に
    必要なミネラルのセレン、遺伝子の損傷を防ぐ葉緑素が含まれています。
    スルフォラファンは新鮮なブロッコリーに多く含まれているので、新鮮なものを購入し、長時間過熱しないで食べてください。
    また、ブロッコリーの種を発芽させて3日目のものが、成長したものより30倍以上発ガン抑制効果があると言われています。 
     
  • ニンニク
    癌予防の頂点に立つ食物です。
    特有な臭いの元になっている多種類のイオウ化合物が、発ガン物質の不活性化、排出、発ガン物質を解毒する酵素の活性化などに働きます。
    ニンニクに含まれる有効なイオウ化合物は、生食だけでなく、過熱しても壊れないので、色々な料理で食べられます。 
     
  • ゴマ
    ゴマに含まれるリグナン物質の一つ「セサミノール」は、活性酸素が細胞膜を酸化させて過酸化脂質を作るのを阻害します。
    セサミノールの酸化を抑制能力はビタミンEの10倍以上
    セサミノールはゴマの生を搾ったものに多く含まれています。
     
  • ラッキョウ
    ラッキョウに含まれているサポニンとイソリクイリチゲンが肺ガンを抑制するらしいです。 
  • 大豆・大豆加工品
    大豆に限りませんが、若い生命体が持っている活性酸素を除去する成分を
    食品として摂取すると良いといわれています。
    味噌汁は塩分が多いですが、他の食品で同量の塩分を摂るよりは発生率が低くなると言われています。

    スポンサーリンク


    がん予防に良いと言われる食物を集めてみました。
    • 人参(ニンジン)
      発ガンの原因になる活性酸素を分解するビタミンAに変わるβ―カロチンを多量に含んでいます。
      にんじんの品種によってβ―カロチンの含有量は異なりますが、含有量に拘るより、頻繁に食べる方が重要です。
      β―カロチンは油脂に溶けるので調理に油を使う食べ方が最適です。
      生のままジュースにして飲む場合も油脂類と一緒に摂った方が良いです。 
       
    • トマト
      活性酸素を分解して発ガンを抑制するリコピンを多量に含んでいます。
      リコピンの活性酸素分解力はビタミンAの2倍、ビタミンEの100倍と言われています。
      リコピンはニンジンのβ―カロチンと同じ赤い色素ですが、リコピンは他の物質に変わらずに効果を発揮します。
      リコピンを摂取するにはトマト・ジュースが向いています。
      加工用トマトの方がリコピンが多いようです。
      リコピンも水より油脂に溶けるので油脂類と一緒に摂った方が体内への吸収が良くなります。
       
    • ブロッコリー
      発ガン物質を解毒する機能を高めるスルフォラファン(イオウ酸化物)が含まれている他、β―カロチン、ビタミンE,ビタミンB群、ビタミンC、活性酸素を分解する酵素の生成に
      必要なミネラルのセレン、遺伝子の損傷を防ぐ葉緑素が含まれています。
      スルフォラファンは新鮮なブロッコリーに多く含まれているので、新鮮なものを購入し、長時間過熱しないで食べてください。
      また、ブロッコリーの種を発芽させて3日目のものが、成長したものより30倍以上発ガン抑制効果があると言われています。 
       
    • ニンニク
      癌予防の頂点に立つ食物です。
      特有な臭いの元になっている多種類のイオウ化合物が、発ガン物質の不活性化、排出、発ガン物質を解毒する酵素の活性化などに働きます。
      ニンニクに含まれる有効なイオウ化合物は、生食だけでなく、過熱しても壊れないので、色々な料理で食べられます。 
       
    • ゴマ
      ゴマに含まれるリグナン物質の一つ「セサミノール」は、活性酸素が細胞膜を酸化させて過酸化脂質を作るのを阻害します。
      セサミノールの酸化を抑制能力はビタミンEの10倍以上
      セサミノールはゴマの生を搾ったものに多く含まれています。
       
    • ラッキョウ
      ラッキョウに含まれているサポニンとイソリクイリチゲンが肺ガンを抑制するらしいです。 
    • 大豆・大豆加工品
      大豆に限りませんが、若い生命体が持っている活性酸素を除去する成分を
      食品として摂取すると良いといわれています。
      味噌汁は塩分が多いですが、他の食品で同量の塩分を摂るよりは発生率が低くなると言われています。

    スポンサーリンク


    プライバシーポリシー