病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

鬱病(うつ病)の自己診断


スポンサーリンク
うつ病(Despressive Exisode)の典型的な症状
  • 気分が落ち込んで、疲れやすくなり、集中力や注意力が落ち、
    自信が無くなって自責の念や無価値観に囚われ、何でも悲観的に考えてしまう。 
  • 何もかも億劫になり、仕事はもちろん趣味や食欲なども無くなることがある。 
  • 食欲が落ちているので、いつの間にか体重が減少していることがある。 
  • 精神的な自覚の他に、吐き気、頭が重く感じる、息苦しい、寝汗をかく、動悸、便秘など内科的な症状が出ることがあるので肉体的な病気と間違いやすい。 
  • 症状には周期がある。
    夜中の2時、3時頃に目が覚め、悲観的な事ばかり考えて眠れなくなる。
    午前中が最悪で、午後になると軽くなる。 
    1年に数回という頻度で、良くなったり悪くなったりを周期的に繰り返す。 

うつ症状とは逆に、気分が高揚して昼夜かまわず動き回ったり、饒舌になったり、
浪費癖になったり、性的トラブルを起こすときは、「
躁病(そう病)」を疑います。
躁病は病気らしい身体的な不安が無く、本人は爽快なので病気とは思っていませんが、周囲に迷惑を掛け、本人にも跳ね返ってくるので治療の必要があります。
気分が落ち込む鬱病の状態と、気分が高揚している躁病が交互に起こるときは
躁うつ病(双極性感情障害)Bipolar Affective Disorderを疑います。


治療方法
⇒欝病の家庭療法 
うつ病は、脳神経細胞間の伝達物質であるセルトニンやノルアドレナリンの機能低下から起こるとも言われています。
信号が脳神経細胞間を伝わるときには、信号を持っている脳神経細胞のシナプスからセルトニンなどの伝達物質が出ます。
この伝達物質を貰う神経細胞は情報を受けてから、この伝達物質を元の脳神経細胞に返すのですが、抗うつ剤と呼ばれる治療薬は脳内伝達物質を返さないようにしています。
しかし、薬剤に過度に頼っていると本来持っている調整機能が衰えてしまうのでの注意が必要です。
薬剤の他にカウンセラーによる治療があります。
躁病の治療は、気分が安定する薬剤などを使って治療します。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー