病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
痺れ・痛み・感覚麻痺を起こす病気3
尺骨神経麻痺
手の小指側が痺れる(指が鷲掴みのようになるこもある)

肘の外側を通っている神経で、感覚系と運動系の神経があります。
腕枕をしたときに外傷を受けやすく、軽い外傷が原因の場合はビタミンB12の服用、リハビリで神経の再生を待ちます。
繊維質が増殖して神経を圧迫しているときには手術をします。


手根管症候群
手指の痺れ、感覚麻痺
痺れや麻痺は腕の方まで広がることはありません。

手根管症候群の診断法
手のひら側の手首を叩き、痺れや痛みがあれば手根管症候群の可能性が高いです。(ティネルの兆候)

女性に圧倒的に多い病気で、特に産後や手指を使う女性に多く発症します。
手首には手を動かす神経の束(正中神経)が靭帯囲まれて通っています。
腱鞘炎などで腫れると、その腫れの為に神経が圧迫されて痺れや知覚麻痺が起きます。
経度のものは手首を動かさないようにしながら、ビタミンB12を服用して神経の再生を待ちます。
酷いときは、正中神経を囲んでいる靭帯の一部を切って通り道を広げ、神経の再生を促進させます。


腰椎症性根神経障害(或いは坐骨神経痛)
大腿部から足先に掛けて、上下に広がる痺れ。
頚椎症性根神経障害と同じで、腰椎の間にある軟骨(椎間板)が飛び出て神経を圧迫するために起きます。
治療法も同じで、痺れや痛みが増す方向には動かさず、ビタミンB12を服用します。 


圧迫性末梢神経障害
窮屈な靴を履いたとき、正座したときの痺れなど。
一時的な圧迫によって末梢神経が損傷を受けるもので、放っておいても神経が再生して治ることが多い。


異常感覚性大腿部神経痛
大腿部の外側の痺れ・痛み。
大腿部ですが坐骨神経の支配を受けていないので部分的です。
神経が鼠径部(腿の付け根付近)を通っているために、深い前屈姿勢を長時間続けて圧迫したときや、肥満、腹水の滞留などによって圧迫されるために起こります。
腰掛けるときは背凭れに寄りかかって身体を曲げないように、ビタミンB12を服用し、鼠径部をマッサージします。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー