病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

まだ若いのに歩くと脚が痛む


スポンサーリンク
閉塞性血栓血管炎
(または特発性脱疽 または抹消動脈閉塞症またはビュルガー病 またはバージャー病)

上肢や下肢の動脈に炎症が起こり、血栓性の閉塞になるもので、特に下肢の動脈に起こりやすく、広範囲に及びます。
動脈硬化と異なり、臓器には及ぶことは無いので命に関わるようなことはありません。
しかし、治り難く、壊疽になることがあり、更に再発を繰り返す厄介な病気です。
発症しやすいのは20〜40代の喫煙が多い人です。

閉塞性血栓血管炎の症状
下肢に発症すると、歩行時に下肢がずきずき痛みます。
休むと痛みが治まるので歩けるようになりますが、再び痛むようになります。
このときは下肢の動脈に触れ難くなります。
(動脈硬化でも動脈血管に触れ難くなりますが、他の症状が異なります)

閉塞している部分の皮膚は薄くなり、頭部に発症したときは毛髪が抜けます。 
手指、足指の爪が変形します。

病気が進行すると、末梢神経の変性、萎縮が起こり、安静時にも痛みが起こるようになります。
更に進行すると、手足の指先から壊疽になります。

寒い季節に悪化します。

閉塞性血栓血管炎の治療法
閉塞している部分の血管のバイパス手術。
閉塞している血管をやわらげる薬物療法と交感神経節の切除。
禁煙。

冬季は靴下や手袋で保温し、寒気に触れないようにします。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー