病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

猫を飼っていて体調が悪くなったとき


スポンサーリンク
症状1
発熱や発疹
重症化すると、脳脊髄炎、肺炎、眼の異常、リンパ節の腫れなど
考えられる感染症
トキソプラズマ原虫の感染(猫や犬の糞尿に触れた手などによる経口感染)
トキソプラズマは人間を含めて多くの哺乳類に寄生しますが最終的には猫科動物に寄生して殖えます。
感染原になる飼い猫は極少数。
免疫機能が低下している人などではトキソプラズマ肺炎を引き起こすことがあります。

症状2
猫に引っ掛かれた痕が、2〜3週間後に赤紫色に腫れたり水泡になる
腫れや水泡が治った後、2〜3週間後に発熱、頭痛、倦怠感が出る
猫に引っ掛かれた部分の上部(手や腕なら脇の下)のリンパ節が腫れる
考えられる感染症
バルトネラ菌の感染
殆どの場合は自然に治りますが、稀に肺炎などを起こして重症化します
感染している猫は無症状です。


症状3

  1. 発熱、頭痛、筋肉痛、倦怠感、呼吸器の異常など
    インフルエンザに似た症状が出る
  2. 肺炎や肝炎になる。
    心臓内膜炎や肺炎になる

考えられる感染症
Q熱リケッチの感染
感染した後2〜3週間後に発病します。
症状の1は急性Q熱、2は慢性Q熱
慢性的な疲労感だけの症例もあります
猫の出産時、猫に触れると感染することが多いので要注意です。


症状4
発熱や咳、倦怠感、肝機能の低下
視力の低下、視野狭窄など
考えられる病
回虫症(犬や猫の回虫症
糞便や毛についた卵が口から入って感染する。
人間の体内では成虫になれずに幼虫のまま血液に乗って体内を移動し辿り着い器官によって様々症状が出ます。
眼に入ると特に危険。
回虫を持った犬や猫は症状を顕さないことが多く、犬は仔犬、猫は成猫・仔猫共に回虫駆除剤を服用させて予防する。


症状5
頭部が粉末状の白い鱗屑で円形なり、毛髪が抜け、広がる
境界のはっきりした発疹が頭部や身体に出来る。
考えられる病
犬や猫の
糸状菌症の感染(しらくも・ぜにたむし)
犬や猫には皮膚の異常が見られる


スポンサーリンク


プライバシーポリシー