病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
胸膜炎
胸膜炎は、胸膜(肺を包んでいる膜で二重になって袋状になっている)に炎症が起き、胸膜腔(胸膜の二重になっている袋部分)に水が溜まるもの。

胸膜炎の原因
結核性(40歳以下が多い)
ウイルス性肺炎
肺真菌症
膠原病
悪性腫瘍(癌)など

胸膜炎の症状
原因が結核性の場合は、微熱、軽度の胸痛、倦怠感で、胸の痛みは背中から始まり、深呼吸をすると痛みが強くなる、

悪性腫瘍(癌)の場合は、自覚症状が無く、多量の水が溜まってくると息切れがするようになる。

胸膜炎に効く漢方薬
小柴胡湯(しょうさいことう) 小青龍湯(しょうせいりゅうとう)


スポンサーリンク


プライバシーポリシー