病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
過敏性腸症候群・薬剤服用で起こる腸炎
過敏性腸症候群・過敏性腸管症候群
心理的なストレスに様々要因が加わって起こる。

過敏性腸症候群の症状
腹痛(排便やオナラをすると軽減することが多いが、再び痛み出すこともある)
便秘、下痢、腹部膨満
自律神経失調の症状(頭痛、めまい、発汗、不眠、動悸など)が出ることがある。

過敏性腸症候群の治療法
大した病気では無いので、他の事で気をそらす。
自律神経失調症を治す自己暗示をする。

一般的な自律訓練法は、静かな、少し暗い部屋で、椅子に掛けるか、仰向けに寝、眼を閉じて楽な姿勢になる。

  1. ゆっくりと深呼吸をする。
    息を吐くときは全身の力を一緒に抜くつもりでゆっくり吐く。
  2. 右腕が重くなっていくと想像する。
    次に、左腕、右脚、左足と順番に重くなっていくと想像する。
  3. 右腕が温かくなると想像する。
    次に、左腕、右脚、左足、腹部と順番に暖かくなっていくと想像する。
  4. そして、草原に寝転んだでいる自分、或いは日向ぼっこしている自分を想像する。

自立訓練用のCDやクラシック音楽をBGMに使ってもよいですが、そのときの自分に合ったものでないとかえって気をとられてうまくいきません。


治療薬剤を飲んで起こる腸炎
原因となる薬剤

  • 抗生物質
    セファロスポリン系

    服用後徐々に水溶性下痢、腹痛、発熱、白血球増加することがある。
    高齢者に多い。

    合成ペニシリン系
    投与中や投与直後に発症、吐き気、嘔吐、腹痛、
    水溶性の下痢の後に血の混じった下痢をすることがある。
    若年、中年に多い。 
  • 抗がん剤
  • 消炎・鎮痛剤
   

スポンサーリンク


プライバシーポリシー