病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
痔核・痔瘻に自己診断
排便時に、痛みと鮮紅色の出血があるときは痔(痔核)を疑います。
血の色が紅くないときは、腸のポリープや直腸癌などを疑います。
排便時に出血するのは、排便時に息むことによって血流の向きが逆になって直腸の静脈の圧力を上がるためで、静脈が破れたときは大量の出血をみることがあります。
(痔の他に、痙攣を伴う激しい腹痛、腹部にしこりがあるときは
⇒クローン病も参照)

内痔核は、肛門柱の下端が、上直腸静脈の拡張、血栓、血腫によって膨らんだものです。
内痔核は次第に大きくなり、排便時に肛門の外に出てしまった場合(脱肛)には内肛門括約筋によって締め付けられて痛みが増します。
内痔核が小さければ手で中に戻せば痛みは和らぎます。
外痔核は内肛門括約筋の下端にある下直腸静脈が膨らんだものです。

痔核が出来る要因は、便秘の他に、肝臓疾患、心臓病、気管支炎、⇒喘息、妊娠などです。

直腸静脈が膨らむものの他には、肛門の皮膚や粘膜が裂ける「切れ痔・裂肛」があります。
切れ痔には、硬い糞便の通過時に皮膚や粘膜が切れるもの(単純性肛門裂創症)と、潰瘍によって切れるもの(潰瘍性肛門裂創症)があります。
単純の方は外用薬で痛みは和らぎますが、
潰瘍性の方は最長1日ぐらい痛みが持続します。

このような事から、痔の予防法としては、排便時にあまり息まないこと。
便秘にならないようにする。
排便が出来なくても、3分間以上息まないなどの注意が必要です。

肛門が常に濡れている、肛門から膿のようなものが出るのは痔ろうです。
上図のように、肛門には凸になっている肛門柱と、凹んでいる肛門洞があり、肛門洞の肛門腺から粘液が分泌されて便が滑りやすくなています。
ところが、硬い便などで
肛門洞に傷がつくと細菌が増殖し、粘膜が炎症を起こします。
肛門腺に膿がたまると肛門周囲膿瘍と呼びます。
この膿瘍が破れて膿が肛門の外に出た後、この部分が粘液の異常な通り道(瘻孔=ろうこう)になってしまったものを「痔ろう」と呼びます。
痔瘻は肛門から分泌物が出るので下着が汚れる程度で殆ど自覚症状はありません。
しかし、炎症を繰り返すしている内に、炎症の度に痛みや悪寒を伴った発熱が起きます。
但し、結核菌単独による炎症の場合は痛みや発熱はありません。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー