病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
癌:PET(ポジトロンCT)の欠点
ポジトロンとはプラスの電気を帯びた陽電子のことで、癌細胞に集まる薬剤に陽電子を混ぜて体内に注入し、陽電子の在りかを検出し、それをコンピューターで画像化するものです。
PETの利点
  • 陽電子が集まった部位の細胞の活動性を推測できるので、悪性か良性かの判断が出来る可能性がある 
  • 一回の検査で全身が撮影できるので、癌の転移が早く発見出来る可能性がある 
  • 体内に注入する薬剤に副作用が少ないので、検査時の苦痛や不快感は殆ど無い

PETの欠点

  • 体内に注入する薬剤が癌細胞以外の肉芽組織や炎症部位に集まるために、PET検査で見つかったものが癌とは限らない。
    肉芽とは炎症などによって組織が壊れたときに組織を回復させるために細胞を急激に殖やすもので、自分の細胞が急激に殖えることは癌と同じ。
    しかし、炎症部分の修復は健常人では普通に行われているもの。
  • 早期の肺癌や、小さな癌、他の癌(胃ガンや大腸ガン、前立腺ガン、肝臓ガン、膀胱ガンなど)では、内視鏡や超音波検査の方がPETより有効
  • 検査に掛かる費用が高い

スポンサーリンク


プライバシーポリシー