病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

気になる病気の自己診断

逆流性食道炎と治療法


スポンサーリンク
逆流性食道炎は、胃液が食道を昇り、その胃液により食道内皮に炎症を起こすものです。
胃液の主な成分は塩酸で、PH1〜1.5という強い酸性を持っています。
強酸の理由は食べ物を消化するためと食べ物と一緒に入ってくる細菌を死滅させるためです。
当然、胃も強酸にさらされることになりますが、胃は強酸から守るためにアルカリ性の重炭酸と粘液を分泌して強酸が胃に直接触れないようにしています。
何らかの理由で強酸が胃の内皮に触れ続けたときには胃液の強酸の為に潰瘍が出来てしまいます。

通常、食道には強い酸性物質が通りませんから胃にあるような防御機構が存在しません。
ですから、強酸の胃液が逆流して食道内皮に触れてしまうと、食道内皮を傷めて炎症になります。
これが、流動性食道炎です。
(食道内皮が爛れていないのに逆流性食道炎の症状を起こす非びらん性食道炎も多く見られます)

胃液の逆流が極短い時間で滅多に起きないときには大した問題にはなりませんが、逆流が頻繁に起きるようになると、食道内皮の炎症は広がり、深くなり、潰瘍になります。
潰瘍が酷くなると、食道壁に血液を送っている血管が破れ、吐血したり、下血を起こすようになります。
吐血の場合は赤い血液ですが、下血の場合には血液が腸を通過する間に変色して黒い便が出ます。
出血が多くなると貧血を起こし、更に出血量が多くなるとショック状態になり命に関わるようになります。
⇒ショックとは

食道に潰瘍が出来てしまったときには、自然あるいは治療によって逆流性食道炎が治っても傷跡が引きつって盛り上がることがあります(瘢痕収縮)。
横に引きつった場合には食道の内腔を狭めることがあり、食物が通り難くなり、吐くこともあります。

胃液の逆流が長期に及ぶと、食道が「パレット食道」といわれるものになることがあります。
胃の内皮細胞は円柱状の形をした円柱上皮細胞、食道の内皮細胞は扁平状の形をした扁平上皮細胞で出来ていますが、逆流が長く続くことで、食道内皮の一部が胃と同じ円柱上皮細胞になることがあります。
この状態をパレット食道と言います。
パレット食道そのものは問題になりませんが、食道癌(腺癌)が発生する確率が高くなると言われています。
一度、パレット食道になると元には戻りません。
逆流性食道炎を発症する原因

  • 加齢による下部食道括約筋の緩み
    食道は普段は平べったく潰れています。
    口から食物が入ると、食道上部にある括約筋が緩んで食物を通し、蠕動運動によって食物を送り、最後に下部食道括約筋が緩んで食物を胃に落とします。
    この下部食道括約筋が高齢になって緩んでくると胃液が逆流しやすくなります。
    逆流性食道炎の原因では最も多いものです。 
  • 食道裂孔ヘルニア
    食道は横隔膜を貫いて胃に繋がっていますが、健常人では下部食道括約筋のある位置が横隔膜を貫いている位置になっています。
    そして、食物が下部食道括約筋付近に来ないときには、括約筋と横隔膜の双方で食道の下部を閉じて逆流を防いでいます。
    ところが、横隔膜の位置と括約筋の位置がずれてしまうと、胃の上部が横隔膜より上になり、食道下部の締りが悪くなって胃液が逆流しやすくなるばかりか、食道に上がった胃液が横隔膜の圧力によって下がり難くなり、食道が強酸の胃液にさらされる時間が長くなってしまいます。 
  • 胃の手術後
    食道から胃の入り口(噴門部)付近を切除、一部を切除した胃と十二指腸を繋ぐ手術をした場合に逆流性食道炎になりやすい 
  • 食道の蠕動運動の低下
    50代以降になると、食物を食道から胃に運ぶぜん動運動能力が急激に低下する。
    そのため、逆流したものを胃に戻す力も弱まる 
  • 食べすぎ、炭酸飲料の飲みすぎ
    食べ過ぎによって胃が大きくなると、胃の上部が大きくなるために下部食道括約筋による締りが悪くなって逆流しやすくなる。
    脂っぽいものを食べた後も一時的に下部食道括約筋が緩むので注意。
    炭酸飲料など、飲んだ後にゲップが出るものは、ゲップが出るときに下部食道括約筋が緩むので逆流しやすくなる。 
  • 飲酒・喫煙
    ビールやワイン、タバコは下部食道括約筋の締りを悪くする。 
  • コルセットやベルトの締めすぎ、前屈みの姿勢
    腹部に圧力が掛かるために胃から食道への圧力も高くなって逆流しやすくなる。 
  • カルシウム拮抗薬の服用
    下部食道括約筋が緩みやすくなる

逆流性食道炎の症状

  • 胸焼け
    半数以上の患者が訴えます。
    食事直後は食物が胃液と混じらず、胃液が胃の上部に溜まっています。その上、食事直後は下部食道括約筋が緩んでいるので、胃液が逆流しやすくなっています。
     
    特に脂っこい食事で胸焼けは起こります。
    脂肪は胃では消化されずにそのまま十二指腸に送られ、十二指腸は脂肪が入ってくるとコレシストキニンというホルモンを分泌し、膵臓に脂肪消化酵素リパーゼを出すように指示します。
    このときのコレシストキニンというホルモンが下部食道括約筋を緩めるようにも働くために逆流しやすくなります。
    また、脂肪は食道の酸に対する感受性を高めるために、胃液の逆流が少量でも胸焼けを感じやすくなります。
    酸っぱい物を食べても同様に胸焼けがします。 
     
    アルコール飲料のように細胞内に浸透する性質を持つ液体は食道粘膜を刺激するので胸焼けを起こしやすくなります。
     
    胃液が逆流しやす状態に、身体を横にしたときのように胃の上部が食道と同じ高さになっていると更に逆流しやすくなって胸焼け症状が出やすくなります。
    また、前屈みの姿勢、腰部のコルセットや帯、ベルトなどで腹部を締めると腹圧が上がって逆流しやすくなります。 
  • 酸っぱいものが込み上げてくる。
    胃液の逆流によって起こるもので、呑酸と言われ、逆流性食道炎にしか起こらない症状です。 
  • 胸痛または腹部上部の痛み
    胃液の逆流による刺激で食道の筋肉が痙攣するなどの説がありますが、痛む理由は不明です。 
  • 咳や喘息症状、声のかすれ
    胃液が咽頭まで逆流すると、咽頭にある器官が酸で傷むので症状が出ます。

逆流性食道炎の検査法
内視鏡による目視が確実な診断法です。

逆流性食道炎の治療法
アルコールや脂っこい食べ物を控え、胃液が逆流するような姿勢を避けることによって、食道内皮の炎症が治癒するのを待ちます。
寝るときには上半身を少し上げて、食道を胃より高くして就寝中の逆流を防ぎます。

薬剤治療では胃酸の分泌を抑制するもの―――主にプロトンポンプ阻害薬(PPI)―――が使われます。
しかし、薬剤では胃液の逆流を抑えることは出来ないので、胃酸の分泌を抑えながら食道のぜん動運動や下部食道括約筋が正常になるのを待つことになります。
 
パレット食道になっている場合には癌化しないように経過観察をします。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー