病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
顎関節症の自己診断と原因・治療法
顎関節症(がくかんせつしょう)を発症しやすい人
  • 歯を食いしばる癖や歯軋りのある人
    (自覚や周囲からの指摘が無くても歯ぎしりをしている場合がある)
  • 神経質な人
  • 20代の女性

顎関節症の自覚症状

  • 顎を動かしたり、口を開いたり閉じたりすると痛みが増します。
    痛みは、耳の前にある窪み、こめかみ、頬、顎付近に感じますが、稀に歯の痛みや肩こりを訴える人が居ます。
    顎を動かす、口を開閉したときに痛みが増さないときには他の病気の可能性があります。 
  • 人差し指、中指、薬指を揃えて縦にすると口に入らないほど、(指3本分)口が開かないことがあります。 
  • 顎を動かす、口を開閉したときに音がしたり、引っかかる感じがすることがあります。

顎関節症の原因

  • 顎を動かす筋肉の緊張によるもの
    食物を食べるときに顎を動かす筋肉を咀嚼筋と呼び、咀嚼筋には、顎にある咬筋、側頭筋、内側にある内側翼突筋と外側翼突筋の4つがあり、これらの筋肉が緊張しすぎると自在に動かなくなり、動かすと痛みを感じます。
    「しこり」があるときがあり、押すと痛みます。
    咀嚼筋の緊張による痛みは、鈍痛で、痛む場所が特定し難いのが特徴です。
    歯の痛みや肩こりを訴えることもあります。
    更に筋肉が緊張したときには口を開けづらくなります。
    このタイプが顎関節症では最も多いものです。
      
  • 関節円板の障害によって起こるもの
    動く下顎は顎の骨の頭部が上顎の窪みにはまり、下顎は落ちないように、かつ、自由に動くように靭帯で上顎と結び付けられています。
    この靭帯は下顎が左右に動く範囲は狭く、前後方向には広く動くようになっています。
    下顎が前後方向には広い範囲で動くのは、
    下顎が前方向に大きく動かないと口が大きく開けられないからです。
    口を閉じているときには下顎骨の頭部は上顎骨の窪みにはまっていますが、
    口を大きく開けると、下顎骨の頭部は上顎骨の窪みから前方に滑り出てきます。
    骨と骨が直接触れていては滑らかに動かないので、間に「関節円板」呼ばれるコラーゲンで出来た円板が挟まっていて、正常時には下顎骨の頭部と一緒に動いています。
    コラーゲンはタンパク質が繊維状になったもので、関節円板は動きを滑らかにすると共に衝撃を和らげる働きをしています。
     
    この関節円板が口を閉じたときに下顎骨と一緒に後方に戻らないときがあります。
    このとき、関節円板によって顎関節症が発症します。
    顎関節症の中では2番目に多い原因です。
    口を大きく開けたときに引っかかるような違和感や音がするときには、関節円板が引っかかっている状態です。

    口を大きく開けたときに、最後の方で音がするほど顎関節症は進行しています。
  • 関節包や靭帯の炎症によって起こるもの
    関節包は上顎骨と下顎骨が靭帯で繋がっている関節部分を包んでいる膜です。
    この膜の内側から骨液を分泌し、骨液は骨の表面組織や関節円板に栄養を与えると共に潤滑液になって骨の滑りを良くしています。
    関節包や靭帯に炎症があると、顎を動かしたり、口を開いたときに痛みます。
     
  • 変形性関節症によって起こるもの
    長期間過度の力が加わったときには、骨の表面に新たな骨が出来るなどして滑りが悪くなるときがあります。
    しかし、ある程度でのところで進行は止まります。

顎関節症の治療法
手術で外科的に治療するのは、関節内に強い炎症や関節の癒着がある場合だけで、殆どの顎関節症では温湿布、冷湿布、痛み止めなどの薬剤、マッサージ、生活改善で治療します。
症状が酷くない場合には家庭での治療が重要な病気の一つです。 

  • 歯を食いしばったり、歯ぎしりをする人はそれらをしないようにします。
    就寝中の歯ぎしりが強く、これが顎関節症の原因になっているときにはスプリント療法をします。
    スプリントは上の歯と下の歯の間に挟むプラスチック製の物です。 
  • 口を開けたときに音がするだけの症状では特に治療する必要はありません。 
  • 痛みが強い時期には顎を安静に保ちます。
    (会話や飲食時に口を大きく開かないようにする。硬い物を食べないようにする) 
  • うつ伏せに寝ると顎に力が加わるので仰向けに寝るようにします。 
  • 急に顎などに痛みが起きたとき(熱を持っているとき)には、先ず、冷湿布で冷やします。 
  • 咀嚼筋の緊張が原因のときには温湿布などで温め、マッサージをします。 
  • 痛みが無いときに、顎を前に出すようにしながら、顎を左右に動かす、口を開くなどの運動療法を少しずつします。
   

スポンサーリンク


プライバシーポリシー