病状を改善する栄養素身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌自由研究

URLを変更しました。
ブックマークの変更をお願いします

ホーム  ⇒ 気になる病気の自己診断
認知症・痴呆症(アルツハイマー病)の予防法
アルツハイマー病の予防法を考える前に発症しやすい人を考えてみます
  • 女性は男性の1.5〜2倍発症しやすい
    女性ホルモンは神経伝達物質アセチルコリンの合成を促しますが、閉経後は女性ホルモンの分泌が少なくなるのでアセチルコリンの量が減り、アルツハイマー病を発症しやすいと考えられています。
    実際、更年期障害や骨粗鬆病の治療のために女性ホルモンの投与療法を受けている人はアルツハイマー病の発症が少ないです。
  • 発症しやすい遺伝要素を持つ人
    近親者の中に60歳前後で認知症(痴呆症)になった人が複数人居る場合には、家族性アルツハイマー病の遺伝子を持っていることが推測されます。
    アルツハイマー病が発症しやすい人は、アポリポタンパクE−ε4(アポE−ε4)タイプの遺伝子を持っていることが多いことが判っています。
    アポE-ε4タイプの遺伝子の有無は検査で判明しますが、日本人では10%ぐらいの人が持っています。
    しかし、アポE-ε4タイプの遺伝子を持っている人が全てアルツハイマー病を発症する訳ではありません。
  • 生活習慣病はアルツハイマー病の発症率を高くする
    同じ日本人でもハワイに移住した人たちは発症率が高いので遺伝的要素より生活習慣病の方が発症率を高くするようです。
    特に高血圧と高コレステロール血症は、脳梗塞などの血管性認知症の原因となるよりもアルツハイマー病の発症率を高くする要因として害があることが判ってきました。

アルツハイマー病を発症しやすい人の逆をすれば予防法になりますが、遺伝的要素や性差は変えることが出来ませんから、私たちに出来ることは高血圧や高コレステロール血症(高脂血症)にならないように、
緑黄色野菜を多く摂る
新鮮な魚介類を多く摂る
ビタミンEを適量摂取する
といった食生活を改善することです。

ただし、女性ホルモンに予防効果が認められるからと女性ホルモン作用がある大豆イソフラボンやビタミンEの過剰摂取には副作用があるのでサプリメントでの摂取では量に注意してください。
食物で摂取する場合は過剰摂取になるほど食べられませんから心配要りません。

骨折などの怪我が原因で出不精になったり、転居などで生活環境が大きく変わることが認知症発症の切っ掛けになると言われていますので、外界からの刺激が少ない生活や、逆に刺激が大きい生活は高齢者は避けた方が良いでしょう。
高齢者は適度の刺激を受けること、周囲は適度な刺激を与えることが、認知症の予防には不可欠です。


スポンサーリンク


プライバシーポリシー