プライバシーポリシー

気になる病気の自己診断身近な薬用植物ゴルフのルール種子からの盆栽入門
医療検査値の意味・読み方美味しい調理のコツ自然誌病状を改善する栄養素

ホーム個人事業の税と経理
棚卸しとは

年度末になると、店先などには「棚卸しのため臨時休業」などという貼り紙が貼ってあることがあります。
店を休んで何をしているかというと、店にある商品一つ一つを調べて下のような「棚卸票」に書き込み、左右に切り、商品添付用を商品に貼り付け、集計用は集めています。

棚卸票(商品添付用)
日付
品名型番
数量
実施者名
棚卸票(集計用)
日付
品名型番
数量
実施者名

棚卸しをすると、売れ残っている物の数や金額的価値が判ります。
どうして、こんな面倒な事をするか考えてみましょう。

今年度中に販売する目的で、A商品を5000円で10個、B商品を1000円で20個仕入れたとします。
販売価格はA商品は7000円、B商品は1500円です。
(この店は2品目しか扱っていないことにします)

年度末になったので帳簿を作成しなければなりませんが、この店の利益はどのくらいなのでしょう?
そこで、棚卸しという作業が必要になってきます。
店の棚に並べた商品、倉庫にある商品に「棚卸票」を貼って行きます。
もちろん、商品が少なければ棚卸票を作成添付することはありません。
棚卸票は間違いを無くすためです。

そして、集計用の棚卸票を集計した結果、5000円で仕入れたA商品が5個、1000円で仕入れたB商品が10個となったとします。
両商品とも仕入れた半数が売れ残っているのが判りました。

さて、A商品、B商品共に売るつもりで仕入れたものですが、売れていないので店の資産です。
これらの商品の販売を止め、質草に入れてお金を借りることが出来ますから明らかに店の資産です。
この場合は、5000円×5個+1000円×10個ですから、35000円が店の資産です。 
これを棚卸資産と呼んで、計上しなければなりません。

一方、売れた商品で店に入った金額は、
7000円×5個+1500円×10個ですから、50000円です。
しかし、仕入れに35000円掛かっていますから、儲けは15000円です。

ここまでで判ることは、売れ残った商品は仕入れ金額全てが資産になり、売れた商品は仕入れ金額を引いた残りが資産(利益)になるということです。
利益からは必要経費などが控除できるので、課税対象になる金額はもっと少なくなりますが、売れ残った分は仕入れ金額全てが課税対象になりますから、棚卸資産が多いと損失が多くなることを意味します。
それでも、次年度に高く売れる目算があれば、棚卸資産として持っている価値はありますが、型後れになってしまうので売れない確率が高いとか、パッケージが傷んでしまって通常売価では売れないと思ったら、売価を安くして今年度中に売り切ってしまいます。
売ってしまえば、仕入れ価格を引けるので無駄に課税対象が増えることは無くなります。

棚卸は、製造業なら原材料も対象になります。原材料を使って製品を作り、この製品が自分のものなら当然この製品も棚卸の対象です。

棚卸は、事務用品などの消耗品、郵便切手なども対象になります。
今年度中に使った分は控除対象になりますが、次年度に繰り越せば今年度は棚卸資産になって課税対象になります。


スポンサーリンク